中古車を車検に出す際の注意点とは

車検で行われる検査項目

車検が義務となっている意味

車検は公道を走るために必要な検査・保険加入を義務付けているもので、もしも車検を受けていない車で公道を走ってしまうと「無車検車運行」で道路運送車両法違反の犯罪となります。
罰則も非常に厳しく、違反点数6点と、6ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰金となっています。
ですので、車を所有している方は基本的に受ける必要性があります。

この制度がもしもなかった場合、整備不良の車がたくさん横行し、走行中の故障から事故が発生するといった可能性が高くなりますし、その際に自賠責保険に加入していないドライバーも増え、被害者が充分な補償を受けることもできなくなる可能性があります。
そういった悲惨な事故や状態を防ぐために車検制度が義務となっています。

中古車の車検の時期の注意点

皆様もご存知だとは思いますが、中古車には車検が切れているものと車検の有効期間が残っているものがあります。

車検には有効期間があり、新車購入時は3年、それ以降は2年間となっています。
中古車の場合は車検が切れていれば購入時に受けることになりますが、車検の有効期間が残っている場合は、あらかじめどのタイミングで車検を受けなければいけないのかを確認しておきましょう。

車検の有効期間の確認方法ですが、検査標章というステッカーをフロントガラス中央上部に貼り付けておくことが義務となっています。
このステッカーに表記されている数字で車検の有効期限を確認することが出来ます。

有効期間終了日の一ヶ月前から車検を受けることができます。
車検有効期限ギリギリになってから車検の予約をする場合、最悪車検切れになってしまい公道を走れなくなってしまうこともありますので、なるべく早めに予約をしておくことをオススメしています。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ